童貞を捨てて肩の荷をおろそう

世の中の男性で童貞で悩んでいる人も多いと思います。10代であれば童貞も珍しくは、ないと思うのでまだ良いでしょう。

しかし20代に入ると周りは、どんどん童貞を卒業していきます。初めてだとテンション上がるので、友人から大げさな報告を受けたり。興味は、あるけど経験がないので深くつっこむことができなかったり。童貞の悩みは、深いものもあります。

20代後半になってしまうと童貞は、珍しい存在になってきます。30代となるとかなり珍しいでしょう。ホモとかゲイの人をのぞくとかなりレアになってしまいます。そうなる前に卒業することをオススメしたいです。

若い女性でも童貞イコール格好悪い!みたいに評価しがちです。童貞イコール大人になりきれてないという評価なのでしょう。確かに童貞だと恥ずかしいし隠しておきたいのが本心です。

仕事や趣味が充実していても、常に自分が童貞だという事実が頭をよぎります。童貞だと女性に積極的になれないと思います。

経験がないから自信がもてないのです。童貞のほとんどの人が、女性と交際したことがないので奥手です。負のスパイラルが起きてしまうのでしょう。

テレビの企画で童貞を探す!というのを見たのですが、かなりイケメンや爽やか系の男性が多かったです。むしろなんで?という感想です。

しかし共通点もありました。童貞と告白した男性は、真面目で礼儀正しい受け答えだったのです。その真面目さが、消極的になってしまうのかもしれないと感じました。

たまたま会社の年配の社員が46歳まで童貞だったと聞きました。ちょっと変わっている人だなぁと前から思っていたのですが。

46歳で童貞を捨て、そのあとは外国にまで行って女性を求めるようになりひと財産失ったようです。ムッツリスケベたいぷです。童貞には、このタイプが多いのではないでしょうか。

童貞を卒業すると何が起きるでしょうか?特に何も変わりません。童貞だった昨日と童貞を卒業した今日は、ほとんど変化はないのです。

しかし変わる点もあります。肩の荷が降りるのです。童貞を卒業すると肩の荷がおりて清々しい気持ちになります。大人の男になれたのです。

童貞を捨てるのは、難しい話しでありません。いくらでも方法はあります。童貞でなくなると、女性に対しても自信が持てて積極的になれるのです。

彼女ができたり結婚できたり。童貞で悩む必要はないのです。ちょっとだけ積極的に行動して童貞と決別しましょう!

童貞であることの誇りを持ちモチベーションを高める

童貞であることが恥ずかしい、いまだに大人になれない、女を知らない男なんてとてもまともではない、そんな気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

確かに男であれば性欲があるし女を抱きたいという気持ちになるのは当然のことであり、それが自然です。セックスをしてみたいし、AVなどで見るあの快感の表情を得てみたいし、オナニーではなく、女の子にそれをしてもらう気持ち良さを味わってみたい、それはごく普通の感情です。

20代や30代でも童貞であるということはまだそうしたことを体験したことがないということになるわけですが、それは確かにこんなに気持ちの良い性交を味わっていないのでつらいものです。

とはいえ童貞でいるということは恥ずかしいことではないということをまず述べたいと思います。

それは貞潔さであり、美しさでもあります。好き勝手にいろいろな女を抱く男性は少なくありませんが、それが人生を楽しんでいるのかというとそういうわけではありませんし、童貞であるということは性行為感染症の危険が全くない安心できる体であるということでもあります。

女性からすると、相手が童貞が童貞ではないかということが問題なのではなく、遊び人のプレーボーイな男性と交際することでいろいろな女と比較されることが嫌ですし、もしあまり彼が満足できないようなエッチであれば、女としてがっかりするし不安になるものです。

でも童貞の男性であればそうした比較はないので、安心ですし、むしろ純粋でかわいがってくれるのではないでしょうか。それを考えると、童貞を保つことは、これからやがて訪れるであろう恋をした時に、相手を純粋に好きになり、そしてセックスを楽しめるのではないでしょうか。

そして性病などを持っていない、きれいな体であることは女性にとても喜ばれるに違いありません。もし焦ってとりあえず童貞を卒業したいということで、風俗にでも行くとすれば、それはこれからもし彼女ができた時に彼女から風俗に行くような男なのかという目で見られるかもしれませんし、風俗嬢と接して、女というのはこんなにも安っぽく自分を売るのか、という女性への見方があまり良いものではなくなってしまうかもしれません。

初体験を済ませていないというのは、恥ずかしいことではなく、むしろそれをメリットとみなして最愛の恋を探してみることです。

童貞ではなくなる夜というのはわりとあっけなく過ぎていくものであり、安易にそれを捨ててしまうことで自分の価値を下げるのはちょっともったいない気がします。

本当に愛する女性とだけ楽しむのがセックスであり、そこに喜びを見いだすことができますので焦らず待つことです。

童貞であることに誇りを持ち、それを卒業する時を競ったり、急いだりするのではなく、大切にしながら最高の時までモチベーションを高めていくのです。

女で失敗して悩む男性というのは、童貞である男性が羨ましいと感じる時さえあります。

童貞であることはかえって好ましく思う女性もいる上に隠そうとすれば案外わかりにくいものです。

男性にとっては性的な行為をするにあたって、まだ未経験である場合は女性から童貞とばれてしまうとそれだけで嫌われてしまうのではないかと思い、さらに童貞を捨てられないという悪循環に陥ることがあります。

中には童貞が発覚するのが恥ずかしいと思って、多くの男性が童貞でなくなる20代に差し掛かってもまだ性的な行為が一度もできていないという人もいるくらいです。

しかしながら童貞が発覚してしまったら恥ずかしいので嫌だといったような心配をする必要はありません。

女性の中にはいわゆる童貞キラーといわれる、性的な体験をしていない男性がいいという人も意外に多くいるものです。特に自分よりも年上の女性に関しては男性が童貞であっても気にしないという人、むしろ好ましく思う人も多いものです。

そのようなことからあえて優しそうな年上の女性を初めての相手として選ぶと、童貞であることを気にせずに性的な行為をすることが可能になります。

また童貞であることに関しては、自分で申告しない限りは意外に相手に気づかれないこともあります。男性はよほど性的な体験が豊富でない限り、例え童貞でなくても初めて性的な行為をする相手に対して緊張してしまうことが多いものです。

緊張の度が過ぎる場合には、童貞の人と同じように最後までできずじまいだったというような人もいるくらいです。

そして男性の場合は女性と違い、初体験だとしても出血したりして童貞であることが明らかにばれてしまうような状況になることもありません。そのようなことから童貞であることは相手に対して隠すことは決して不可能ではないのです。

どうしても相手に童貞とばれたくない場合は、前もって性的な知識を身につけておくとばれるようなこともありません。

具体的にはアダルトなDVDや動画を見て参考にしたり、本や雑誌やインターネットで情報を見て性的な行為について大体の内容を覚えておけば初めて性的な行為をしても童貞であることを隠せる可能性はより高くなるのです。

また相手となる女性についても慎重に見極めることで童貞であるという事実に気づかれずに済むものです。雰囲気的に男性のことを見下しているような女性を選んだ場合、童貞であることが見抜かれた際にはそれだけで破局する原因となったりバカにされてしまうこともあります。

そのようなことから初めて性的な行為をする女性についてはどちらかといえばおとなしめであったり、処女である可能性が高そうな人を選ぶべきです。

童貞を卒業したいなら出会い系

思いが強くては童貞は消えない

性への憧れは童貞を無くすまでは特に強く感じるものではないでしょうか。色々な妄想や考えを巡らせてしまうものですが実際どうしたら童貞は捨てられるのか分からない・・・という人もいることでしょう。そんな人たちにお届けするお話です。

こだわりを捨てる

童貞は捨てたいけど、初めては好きな人としかしたくない。そんな方も沢山いるでしょうが、まずはそのこだわりを無くしましょう。

確かに人生において一度しかない大イベントです。初めてとなるとそれまでの欲求や妄想から興奮もひとしおです。

が、童貞は無くなってからの方が確実に人生は長いです。大事に取っておくよりもチャンスが来れば、多少お気に召さない相手であっても早々に無くす事をお勧めします。

どうやって女性と知り合うのか

そもそも女性と知り合うには自分から声をかけるしかないのです。見た目や性格に自信が無くて女性と上手くお話が出来ない。

だから上手く誘う事も出来ず出会いが成立しない。女性と知り合うチャンスが無い。こういう方も多いと思います。これに関しては男女ともに抱えている悩みです。

「出会いがない」という言葉をよく耳にしますが、普通にあります!必需品を買いに仕方なく出掛けただけでも誰かとすれ違います。

タイプの人に振り返ったことも一度や二度ではないでしょう。玉砕覚悟で声を掛ける事は恥ずかしい事ではないです。

自分が思っているほどに人は自分に関心は持っていないです。気にしている事は置いておいていきましょう。

「失敗しても当たり前。成功すれば男前。」これが女性に興味を持ってもらう鉄則です。

童貞を恥じない事こそ勝利への道

童貞である事がコンプレックスになっている方も居ますが、逆です。ある程度の年になると特に童貞というだけで偏見を持つ方も居るのは事実ですが、逆も然りです。

童貞は宝物と思っている女性も沢山居ます。趣味の問題です。恥ずかしがらずに自分が童貞である事を公言してやればいいのです。

言えないままにしておく事は、カッコ付けている事と同義です。

ウソの上塗りで人を騙し続けるという事。これはダメです。まるで知的武装しているかのように近寄りがたくなります。

カミングアウトには最初は勇気が要るかも知れませんが、一度言ってしまえばハードルはぐんと下がります。一時の恥の為に人生を無駄にするより、後の得を考えれば言うべきです。

バカにされても気にしないで下さい。大丈夫。それによって話しやすくなることも、近寄ってくる人種も確実に自分に有益な人に変わります。自信は必要ないです。一瞬の勇気があれば道は開けます。

まとめ

女性と知り合う事も話すことも難しい事ではないです。確率の問題です。ただ自分と合う人であるかどうかの確率です。

百分の一の確率なら最後にその「一人」が繰るかも知れないのに早々に諦めるから出会えないだけです。

自身は必要ないです。自分に落胆しない事だけが絶対条件です。自分はこういう人間ですと開き直りさえ出来れば自然と童貞喪失はなります。

自分がどこか隠そうとしていないか見つめなおしてください。さらけ出せばいいのです。

それが出来なくて・・という人、それがこだわりですよ?エッチすることは全ての恥を晒すのと同じです。小さな事より童貞喪失という大儀にこだわってみましょう。必ず道は開かれます。

童貞の悩みを解決するために心がけたい3つのこと

若い男性の悩みの1つに、童貞であることがあげられます。

10代ならまだしも、20代になってから長く童貞生活が続くと「このままで良いのだろうか?」と真剣に悩み始めます。

ただ、ルックス、勉強、運動神経のどれもが普通で特にモテる要素はないのにどうやって女性に振り向いてもらえば良いのだろう、と八方ふさがりになって立ち止まってしまう男性もいます。

この自分に対する自信のなさはしかたない面もありますが、何もしないでいると本当にそのまま童貞生活を送ることになってしまいます。

では、具体的にどうアクションを起こせば良いのでしょうか?

女性との交流を常に持つ

あまりにも童貞卒業を意識してガツガツし過ぎると逆に遠ざけられてしまいますのでそこは気をつけないといけないですが、女性との交流を常に持っておくことが童貞卒業のチャンスを増やします。

今はLINEという便利なコミュニケーションツールもあることですし、友人知人含めて女性との交流を途絶えさせないことが大切です。

女性と付き合うのは面倒かもしれませんが、その先に童貞卒業というご褒美があるなら頑張ろうと思えるはずです。

モテる男性の近くにいる

モテる男性は、正直言って女性にまったく困りません。なら、そのモテる男性の近くにいれば、女性との出会いは確実に増えます。

また、モテる男性がどんなファッションをしているのか、どんなことに気をつけているのかを間近で見て学びます。

そして、その真似をします。そうすることで、モテる男性の振る舞い方がだんだんと身についてきます。

そうすると女性とも接しやすくなりますし、いくらか自信を持てるようになります。

モテる男性は心理的についつい遠ざけたくなりますが、童貞卒業のためのお手本になってくれる人だと思ったほうが良いです。

とにかく女性第一主義

童貞卒業は、あくまで男性自身の勝手な都合に過ぎません。そればかり考えていたら、肝心の女性との接し方を疎かにしてしまいます。

女性は人間関係にとても敏感で、いい加減な接し方をされたらすぐに遠ざかっていきます。

ただ、それは女性第一主義で接しさえすれば、気に入ってもらいやすくなるということです。そうすることで徐々に仲良くなって友人から恋人へ進展すれば、めでたく童貞を卒業できるかもしれないです。

童貞の悩みは童貞を卒業しない限り続きますので、どこかで割り切って早く卒業したほうが良いです。

1度体験してしまえば「何でこんなことで悩んでたんだろう」と思えますし、童貞は早めに卒業したほうが良いです。