童貞であることはかえって好ましく思う女性もいる上に隠そうとすれば案外わかりにくいものです。

男性にとっては性的な行為をするにあたって、まだ未経験である場合は女性から童貞とばれてしまうとそれだけで嫌われてしまうのではないかと思い、さらに童貞を捨てられないという悪循環に陥ることがあります。

中には童貞が発覚するのが恥ずかしいと思って、多くの男性が童貞でなくなる20代に差し掛かってもまだ性的な行為が一度もできていないという人もいるくらいです。

しかしながら童貞が発覚してしまったら恥ずかしいので嫌だといったような心配をする必要はありません。

女性の中にはいわゆる童貞キラーといわれる、性的な体験をしていない男性がいいという人も意外に多くいるものです。特に自分よりも年上の女性に関しては男性が童貞であっても気にしないという人、むしろ好ましく思う人も多いものです。

そのようなことからあえて優しそうな年上の女性を初めての相手として選ぶと、童貞であることを気にせずに性的な行為をすることが可能になります。

また童貞であることに関しては、自分で申告しない限りは意外に相手に気づかれないこともあります。男性はよほど性的な体験が豊富でない限り、例え童貞でなくても初めて性的な行為をする相手に対して緊張してしまうことが多いものです。

緊張の度が過ぎる場合には、童貞の人と同じように最後までできずじまいだったというような人もいるくらいです。

そして男性の場合は女性と違い、初体験だとしても出血したりして童貞であることが明らかにばれてしまうような状況になることもありません。そのようなことから童貞であることは相手に対して隠すことは決して不可能ではないのです。

どうしても相手に童貞とばれたくない場合は、前もって性的な知識を身につけておくとばれるようなこともありません。

具体的にはアダルトなDVDや動画を見て参考にしたり、本や雑誌やインターネットで情報を見て性的な行為について大体の内容を覚えておけば初めて性的な行為をしても童貞であることを隠せる可能性はより高くなるのです。

また相手となる女性についても慎重に見極めることで童貞であるという事実に気づかれずに済むものです。雰囲気的に男性のことを見下しているような女性を選んだ場合、童貞であることが見抜かれた際にはそれだけで破局する原因となったりバカにされてしまうこともあります。

そのようなことから初めて性的な行為をする女性についてはどちらかといえばおとなしめであったり、処女である可能性が高そうな人を選ぶべきです。

童貞を卒業するなら出会い系

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です