童貞の悩みを解決するために心がけたい3つのこと

若い男性の悩みの1つに、童貞であることがあげられます。

10代ならまだしも、20代になってから長く童貞生活が続くと「このままで良いのだろうか?」と真剣に悩み始めます。

ただ、ルックス、勉強、運動神経のどれもが普通で特にモテる要素はないのにどうやって女性に振り向いてもらえば良いのだろう、と八方ふさがりになって立ち止まってしまう男性もいます。

この自分に対する自信のなさはしかたない面もありますが、何もしないでいると本当にそのまま童貞生活を送ることになってしまいます。

では、具体的にどうアクションを起こせば良いのでしょうか?

女性との交流を常に持つ

あまりにも童貞卒業を意識してガツガツし過ぎると逆に遠ざけられてしまいますのでそこは気をつけないといけないですが、女性との交流を常に持っておくことが童貞卒業のチャンスを増やします。

今はLINEという便利なコミュニケーションツールもあることですし、友人知人含めて女性との交流を途絶えさせないことが大切です。

女性と付き合うのは面倒かもしれませんが、その先に童貞卒業というご褒美があるなら頑張ろうと思えるはずです。

モテる男性の近くにいる

モテる男性は、正直言って女性にまったく困りません。なら、そのモテる男性の近くにいれば、女性との出会いは確実に増えます。

また、モテる男性がどんなファッションをしているのか、どんなことに気をつけているのかを間近で見て学びます。

そして、その真似をします。そうすることで、モテる男性の振る舞い方がだんだんと身についてきます。

そうすると女性とも接しやすくなりますし、いくらか自信を持てるようになります。

モテる男性は心理的についつい遠ざけたくなりますが、童貞卒業のためのお手本になってくれる人だと思ったほうが良いです。

とにかく女性第一主義

童貞卒業は、あくまで男性自身の勝手な都合に過ぎません。そればかり考えていたら、肝心の女性との接し方を疎かにしてしまいます。

女性は人間関係にとても敏感で、いい加減な接し方をされたらすぐに遠ざかっていきます。

ただ、それは女性第一主義で接しさえすれば、気に入ってもらいやすくなるということです。そうすることで徐々に仲良くなって友人から恋人へ進展すれば、めでたく童貞を卒業できるかもしれないです。

童貞の悩みは童貞を卒業しない限り続きますので、どこかで割り切って早く卒業したほうが良いです。

1度体験してしまえば「何でこんなことで悩んでたんだろう」と思えますし、童貞は早めに卒業したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です