思いが強くては童貞は消えない

性への憧れは童貞を無くすまでは特に強く感じるものではないでしょうか。色々な妄想や考えを巡らせてしまうものですが実際どうしたら童貞は捨てられるのか分からない・・・という人もいることでしょう。そんな人たちにお届けするお話です。

こだわりを捨てる

童貞は捨てたいけど、初めては好きな人としかしたくない。そんな方も沢山いるでしょうが、まずはそのこだわりを無くしましょう。

確かに人生において一度しかない大イベントです。初めてとなるとそれまでの欲求や妄想から興奮もひとしおです。

が、童貞は無くなってからの方が確実に人生は長いです。大事に取っておくよりもチャンスが来れば、多少お気に召さない相手であっても早々に無くす事をお勧めします。

どうやって女性と知り合うのか

そもそも女性と知り合うには自分から声をかけるしかないのです。見た目や性格に自信が無くて女性と上手くお話が出来ない。

だから上手く誘う事も出来ず出会いが成立しない。女性と知り合うチャンスが無い。こういう方も多いと思います。これに関しては男女ともに抱えている悩みです。

「出会いがない」という言葉をよく耳にしますが、普通にあります!必需品を買いに仕方なく出掛けただけでも誰かとすれ違います。

タイプの人に振り返ったことも一度や二度ではないでしょう。玉砕覚悟で声を掛ける事は恥ずかしい事ではないです。

自分が思っているほどに人は自分に関心は持っていないです。気にしている事は置いておいていきましょう。

「失敗しても当たり前。成功すれば男前。」これが女性に興味を持ってもらう鉄則です。

童貞を恥じない事こそ勝利への道

童貞である事がコンプレックスになっている方も居ますが、逆です。ある程度の年になると特に童貞というだけで偏見を持つ方も居るのは事実ですが、逆も然りです。

童貞は宝物と思っている女性も沢山居ます。趣味の問題です。恥ずかしがらずに自分が童貞である事を公言してやればいいのです。

言えないままにしておく事は、カッコ付けている事と同義です。

ウソの上塗りで人を騙し続けるという事。これはダメです。まるで知的武装しているかのように近寄りがたくなります。

カミングアウトには最初は勇気が要るかも知れませんが、一度言ってしまえばハードルはぐんと下がります。一時の恥の為に人生を無駄にするより、後の得を考えれば言うべきです。

バカにされても気にしないで下さい。大丈夫。それによって話しやすくなることも、近寄ってくる人種も確実に自分に有益な人に変わります。自信は必要ないです。一瞬の勇気があれば道は開けます。

まとめ

女性と知り合う事も話すことも難しい事ではないです。確率の問題です。ただ自分と合う人であるかどうかの確率です。

百分の一の確率なら最後にその「一人」が繰るかも知れないのに早々に諦めるから出会えないだけです。

自身は必要ないです。自分に落胆しない事だけが絶対条件です。自分はこういう人間ですと開き直りさえ出来れば自然と童貞喪失はなります。

自分がどこか隠そうとしていないか見つめなおしてください。さらけ出せばいいのです。

それが出来なくて・・という人、それがこだわりですよ?エッチすることは全ての恥を晒すのと同じです。小さな事より童貞喪失という大儀にこだわってみましょう。必ず道は開かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です